【デンマーク戦争】

 

デンマーク戦争】
三十年戦争の第二部、デンマーククリスティアン4世の参戦を記述するのに丸1年ご無沙汰してしまった。そもそも三十年戦争は新教と旧教徒の対立から始まっているが、神聖ローマ皇帝であるハプスブルグ家とドイツの領邦君主との対立、隣国フランス、デンマークスウェーデンとの覇権争いが絡んでいる。
クリスティアン4世は北ドイツに野心があり、新教徒擁護を掲げて単独でドイツに介入した。イギリスはマンスフェルトブラウンシュバイクの両軍に資金援助した。旧教徒側は、ティリーの指揮する皇帝軍であった。1625年は異常気象で農作物が壊滅的打撃を受け、両陣営とも糧秣に事欠き、兵は仕方なく略奪を繰り返すのみで戦闘どころではなかった。膠着状態の中、最後は史上最大の傭兵隊長であるヴァレンシュタインの登場によりクリスティアン4世軍は撃退された。
参考;「戦うハプスブルグ家;菊池良生著」、「元老院議員私設資料展示館(世界史のサイト)」、「全世界史(近世・近現代編);出口治明著」

 

 

 

 

f:id:sendai_kojirou:20170327104441p:plain