読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【EUとの類比性】

【EUとの類比性】
1年近くにわたり三十年戦争に興味を持ち座学してきた。 興味を持った理由は、①中欧のプラハやブダベストに行ったことがきっかけではあるのだが、②スウェーデングスタフ・アドルフという名前にカッコよさを感じたことにもある。そして、③誰でも平和を希求しているのになぜ戦争が起こるのか、如何にすれば平和が得られるのかを考えたこともきっかけである。
西ヨーロッパ世界は、古代ローマ帝国、東西ローマ帝国への分離の後、ゲルマン人の大移動により西ローマ帝国が滅びた。西ローマ帝国を継いだのが、ゲルマン人フランク王国である。フランクはゲルマン部族の中でもいちはやくキリスト教に改宗し、ローマ教会はゲルマン人の改宗を進めキリスト教世界を拡大した。フランクのカール大帝は武力で西ヨーロッパの主要部分を統一し、ローマ教皇により帝冠を与えられた。カール大帝の死後、紛争により、東西フランクとイタリアなどに分裂した。東フランクのオットー1世は962年ローマ教皇からローマ皇帝の帝冠を受け、のちの『神聖ローマ帝國』の起源となった。『神聖ローマ帝國』は今のドイツを中心とした地域ではあるが、西フランクのフランスや中部フランクのイタリアなども『神聖ローマ帝國』の範囲に含まれると考え、各国の王様たちにとっては西ヨーロッパ全体を支配したいという誘惑が常に生じていたと思われる。
この古代ローマ帝国から神聖ローマ帝國へと連なる大きな流れが、その後のナポレオン、ヒトラーのヨーロッパ統一のための戦争、そして現在のヨーロッパ連合につながっているのではと考えられる。